開けミミ!

new-mercies

2018年2月11日     第二主日礼拝

マルコによる福音書7章31~37節

宣教者:富田愛世牧師

【イエスの宣教】

イエスの働きは神の国の福音を言葉と行動によって表すことでした。ある時は悪霊を追い出し、ある時は病に苦しむ人を癒すことによって神の国を伝えていました。当時の人々は律法学者のようにではなく、権威ある者のように語られるイエスの話を聞き、悪霊や病からの解放を求めてイエスのもとに来ていました。

【手を置くことと触れること】

人々は耳が聞こえず、話すこともできない人を連れてきて、手を置いて癒してくださるように頼みました。しかし、イエスはその人の耳に指をいれ、唾をつけてその舌に触れられました。イエスはこの人と距離を置いて、ただ癒すだけでなくより近い関係を作られたのです。

【エッファタ】

さらにイエスは大きくため息をつかれてから「エッファタ(開け)」と言われました。このため息は相手の心に共感し、その苦しみを共にする憐れみの心を表しています。そしてこの福音書記者は「エッファタ」という言葉をギリシャ語訳せずに原語のアラム語で表しました。力強い、生きたイエスの言葉を表現しようとしたのです。これは単に耳や口が開かれることを意味するのではなく、「心」が開かれることを期待し、願った呼びかけだったのです。

【イエスのいやし】

イエスはこの人を癒した後、「誰にもこのことを話してはいけない」と命じられました。イエスはいやしの業を用いてご自身を宣伝されるお方ではありません。また、癒された人を見せ物にする事にも反対でした。人の苦しみをご自身のこととして憐れまれるイエスの気持ちが、この命令の言葉となったのです。この世の価値観から見るならば「効率の悪い方法」しかし、一人を真剣に見つめるとき、それは愛と憐れみに満ちた方法なのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 日本バプテスト東京第一教会