正しい人の愚かさ

Cross in the Sky Religious Stock Image

2016年12月11日

マタイによる福音書1章18~21節

宣教者:富田愛世

【イエス誕生の次第】

マタイによる福音書では、イエス誕生の次第を「母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった」とだけ書いています。このたった1節に書かれていることの背景には、マリアとヨセフそれぞれの心の葛藤がありました。

【正しい人ヨセフ】

ヨセフはその正しさの故に大きな葛藤の中にいました。ヨセフの考える「正しさ」とは律法を基準とした正しさでした。律法によるならば夫以外の男性の子を宿すという事は姦淫であり、死罪に当たるものでした。ヨセフにとって身に覚えのないことが起こったので、マリアが姦淫したと思ってしまったのです。

【ヨセフの戸惑い】

ところで、ヨセフとマリアはお互いをどう思っていたのでしょうか。聖書には「婚約していた」とありますが、ただのいいなずけで、顔も見たことのないお互いだったのでしょうか。それとも幼いころから知り合いで、親同士もそれを承知で婚約させたのでしょうか。聖書はその点については何も触れていません。

【神の正しさ】

ヨセフはその正しさの故にマリアを守るため別れることを決心しました。しかし、「主の天使」が現れ「マリアを迎え入れなさい」と語り、それを受け入れました。ここには人の正しさ(律法)と神の正しさ(律法からの解放)の違いがあるのです。使徒言行録10章でペテロは夢を見、神が清いとされる「汚れたもの」を食べるよう命じられました。ここにも人の正しさと神の正しさの違いが表わされています。私たちが従うべきものは神の正しさなのです。それは律法主義から解放された正しさなのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会