星に導かれて

new-mercies

2018年12月23日  クリスマス礼拝

マタイによる福音書2章1~12節

宣教者:富田愛世牧師

【不都合な真実】

新約聖書の中心はイエスが語る福音です。しかし、そのイエスが誕生した時、その場に居合わせたのは、宗教家たちにとって不都合な人々でした。まずイエスを生んだのは未婚の母マリア、優柔不断な婚約者ヨセフ、天使に呼ばれた羊飼いたち、そして、東方に住む異教徒であり、いまわしい占星術の占い師たちでした。

【友、遠方より来る】

聖書には「占星術の学者」と書かれていますが、占い師だったと思われます。旧約聖書には占いを禁じる記述がいくつか出てきます。つまり、彼らはふさわしい人々ではなかったのです。しかし、神は異邦人であり、異教徒であった占い師たちに星を通して救い主の誕生を知らせ、生まれたばかりの救い主を拝むことをゆるされたのです。

【星に願いを】

東の国で星を調べていたのは彼らだけではなかったはずです。しかし、彼らだけが救い主の誕生に気づいたのです。私たちの周りにもたくさんの情報があふれています。そして、必要な情報と不必要な情報を選択しているのです。私たちにとって「星=聖書」なのです。聖書を注意深く読む時、神の計画に気づくはずです。また、彼らはその星を見たとき非常に喜びました。聖書にも同じような喜びが記されているのです。

【学者がひれ伏したメシア】

救い主を目の前にして彼らはひれ伏して拝みました。「ひれ伏す」とはその方に自分のすべてをささげ、忠誠を尽くすことを意味します。学者たちはその通りに「黄金、乳香、没薬」をささげました。それは彼らにとって宝、職業上の必需品、かけがえのないものでした。彼らの礼拝は、すべてをささげ、自分を捨てることでした。しかし、そこには悲痛な思いはなく、喜びが溢れていたのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2019 日本バプテスト東京第一教会