探しものは何ですか

Sight Faith Stock Photos

マタイ福音書7章7節

2016年07月10日

宣教者 富田愛世牧師

【探し物】

皆さんは探し物をすることがありますか。私はよく探し物をします。最近は探し物をしている最中に何を探していたのか忘れてしまうこともよくあります。今日の聖書は「探しなさい。そうすれば、見つかる」と語りますが、見つからないこともあります。1973年に井上陽水さんが「夢の中へ」という曲を発表しましたが、その歌では「見つからないなら、僕と踊りましょう」と言うのです。

【たとえ話の中で】

イエスさまは聖書の中で「探し物をする」というたとえ話をされています。なくなった銀貨を探したり、いなくなった羊を探したり、そこで語られるのは「なくなった」ということよりも「見つかった」時の喜びなのです。

【探しなさい】

本来そこにあるべきものがなくなってしまう。本来そこにいるべき人との関係を損なってしまう。そんな現実が私たちの周りにはたくさんあります。しょうがない事なのでしょうか。神は「しょうがない」とあきらめるのではなく「探しなさい。そうすれば、見つかる」と語り、諦めずに探し続けることによって、大きな喜びが待っていると語るのです。

【神の喜び】

私たち人間と神との関係は、まさに「あるべき姿」から離れてしまっているのです。神はその関係を元に戻そうと様々なアプローチをし続けているのです。時には気分を変えて「踊りましょうか」と問いかけるのかもしれません。そして、その関係が戻った時、神は何よりも大きな喜び方で、私たちを迎えて下さるのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会