招待状

new-mercies

2017年3月26日

マタイによる福音書26章17~30節

宣教者:富田愛世牧師

【過ぎ越しの食事】

宗教には祭がつきもので、ユダヤ教にも三大祭と呼ばれるものがあります。春の過越祭(ペサハ)、夏の七週の祭り(シャブオット)、秋の仮庵の祭り(スコット)がイエスの時代にも祝われていました。17節の徐酵祭とは、過越祭に続いて祝われる祭でしたが、福音書では過越祭を指しているようです。過越の食事は家族が集まる特別な食事だったようです。

【主の晩餐】

イエスは過越の食事を用意し、弟子たちと共に過ごしました。そして、26節以下にあるように象徴的にパンを裂き、杯を差し出しました。これは、この後イエスが十字架に架かることを暗示したものだったのです。

【誰を招くのか】

この食事にイエスは弟子たちを招いていますが、これもまた一つの象徴的な行為だったのではないでしょうか。9章13節に「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」と書かれています。イエスの弟子というと正しい人のように勘違いすることがありますが、弟子たちはこの食事のすぐ後、イエスを裏切っているのです。

【壁か?橋か?】

イエスが最後の晩餐として弟子たちを招いた食卓は、罪人を断罪し、神との間に壁を作るためではありませんでした。イエスが招かれる食卓は、神と人との間に信仰の有無で壁を作るのではなく、神の愛を罪人に知らせるための橋渡しなのです。主の晩餐とは、自分の弱さ、罪深さを認める者たちを、信仰へと招く「橋」としての役割を担っているのではないでしょうか。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会