恐れからの解放

tokage

ヨハネの黙示録20章1~15節

2016年05月22日
宣教者 富田愛世 牧師

【話の流れ】
天の御使いによってサタンである竜が捕らえられ、千年の間、底なしの淵に閉じ込められます。その間、神に従う事により殉教した人々が神と共に世界を支配するのです。それが千年王国です。千年が過ぎると一度サタンである竜が解放され最終戦争が起こるが、神の前にサタンは完全に滅ぼされ、最後の審判が行われる。この最後の審判によって神に従わなかった者は、永遠の炎に投げこまれてしまうというのです。ただし、これはヨハネが見た幻を言葉に表したので、必ずしも言葉どおりの事が起こるということではありません。

【千年王国】
エホバの証人によって有名になった言葉ですが、文字通り千年の間ユートピアのような国が起こるということではありません。千年というのはとてつもなく長い期間ですが、永遠ではありません。長い期間だけれど、期限があるということを意味しています。その期間、迫害などで苦しんだ人々は神と共に過ごすのです。

【サタンの反撃】
千年間の神の支配の後、サタンである竜が解放されるとあります。なぜこんなことが起こるのでしょう。一つには誘惑はいつでもやって来るということです。また、ここではサタンは総力を上げて神に反撃すると語られています。考えると恐ろしい事が起きそうですが神の前には、まったく無力だったのです。(9節)

【最後の審判】
サタンが滅びた後、最後の審判がやってきます。この時、いのちの書に名前の記されていない者は火の池に投げ込まれる、つまり永遠の滅びにいたるという事なのです。しかし、ここでよく考えてください。最後の審判の前の千年間は神の支配の時代です。すべての悪は封じ込まれていたのです。神にとって千年は一瞬でも、人間にとってはとてつもなく長い時です。そんな時に、なお主に逆らうということはよっぽど根性の入った悪人だけではないか。と思うのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会