心を解放させる言葉

new-mercies

2019年1月13日  第二主日礼拝

ルカによる福音書4章16~30節

宣教者:富田愛世牧師

【宣教の始まり】

イエスの公生涯と言われる活動の始まりは、ルカによるとまずヨルダン川に行き、バプテスマのヨハネからバプテスマを受け(3章)次に荒野で誘惑を受け、4:14からガリラヤ伝道を始めています。ただし、この順序は時系列的なものではなく、イエスの働きとその意味に焦点を絞って語られているようです。そして、16節からは故郷ナザレでの出来事が記録されています。

【いつものとおり】

イエスは「いつものとおり安息日に会堂に入り、聖書を朗読」されました。ここにはイエスの公生涯の前の姿も現されているように思えます。つまりイエスはユダヤの成人男性が当たり前のように、安息日毎に会堂に通い、祈り、聖書を読み、語り合っていたのと同じように生活していたということです。

【実現した】

イエスは会堂でイザヤ書の朗読を終え、そこに書かれていることが今「実現した」と語られました。その言葉に対して、ある者は称賛し、ある者は怒りました。そこにはユダヤ人一般にある選民意識やイエスと同郷であるというナザレの人々の特権意識があったと思われます。イエスはそんな特権意識から人々を解放されるのです。

【解放の言葉】

また、当時の律法主義的なユダヤ教は、人を罪人と義人に分けていました。律法を守れない、守らない罪人は抑圧される者となり、律法を守る義人は抑圧する者となりました。律法に縛られ、その縛りが両者を不幸にしていたのです。イエスの言葉はこの縛りから人々を解放するものなのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2019 日本バプテスト東京第一教会