安心してください

0424

マタイによる福音書14章27節

2016年04月24日
宣教者 富田愛世 牧師

【安心して下さい、…】
2015年の流行語大賞トップテンに「安心して下さい、穿いてますよ」という言葉が選ばれました。「安心して下さい」という言葉に人々がひかれるということは、多くの人が不安を抱えていることの裏返しではないでしょうか。なぜ人は不安になるのでしょうか。

【人を不安にするもの
人を不安にするものは様々ですが、現代人にとって予定調和が崩れることは大きな不安になっているようです。そもそも予定調和などというものを期待すること自体、マニュアル化された生き方のネガティブな一面であるように感じます。現実に目を向けた時、一般的に用いられる予定調和、つまり、誰の目にも明らかな結果を予想し、その通りになるなどということは現実的ではないはずです。

【恐れることはない】
今日の聖書には「安心しなさい」という言葉の後に「わたしだ。恐れることはない」という言葉が続いています。イエスは「わたしがいるのだから、恐れなくていい、安心しなさい」と語るのです。私たちの周りには、何の根拠もなく「安心、安全」といわれるものがあります。そこでは責任の所在がなく「安心」という言葉だけが独り歩きしているのです。

【責任をある安心】

それに対して、イエスは「わたしが責任を持つ」と語られるのです。イエスの責任の取り方は十字架というものでした。文字通り命を懸けて「安心しなさい」と語られたのです。何があってもわたしが責任を負うという覚悟があります。ここに本当の愛の行為があり、本当に安心する根拠があるのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会