女たちは見た

new-mercies

2018年4月1日    イースター・召天者記念礼拝

マルコによる福音書16章1~8節

宣教者:富田愛世牧師

【逆転の朝】

イエスが十字架で死なれた時、そこに最後までいたのは女たちでした。そして、イエスの復活を最初に知らされたのも女たちでした。私たちの常識から考えると、当然ペテロやヤコブといった男の弟子たちがその場にいるべきと思われますが、現実は違いました。しかし、そこにこそ十字架と復活の意味があるのです。

【心配からの解放】

イエスが十字架で死なれたのは金曜日、次の土曜日は安息日でした。この安息日、弟子たちはどのように過ごしていたのでしょう。安息とは程遠い悲しみ、心配、そして絶望感を味わっていたはずです。マリヤたちは早く安息日が過ぎ去り、日曜日になるのを待っていました。それは、きちんとした埋葬をしたかったからなのです。夜が明けるとすぐに墓に急ぎましたが、心の中には「誰があの石をころがしてくれるか」という心配がありました。しかし、墓に着くとすでに石はころがしてありました。

【律法の安息から真の安息へ】

人々は安息日に神を礼拝し、肉体と魂の安息を得ていました。しかし、イエスの弟子たちにとってはこの日は神を礼拝する事もできず、肉体と魂を休めることもできませんでした。マリヤたちは安息日が終わるのを待ち、まだ夜が明けるか明けないかのうちに墓に急ぎました。そこで彼女たちを待っていたのは、空の墓とイエスが復活されたという知らせでした。この知らせは律法的な安息ではなく、魂に対する真の安息となるのです。

【見えるものから見えないものへ】

墓の中では、神の使いが「ここにはおられません」と答えました。私たちは目に見えるものを信じて来ましたが、ここでは目に見えるものではなく「ここにいない」復活されたイエスを信じなさいと、見えないものを信じる信仰が要求されるのです。イエスの十字架は人の目には敗北と映りましたが、そこにこそ神の勝利があるのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 日本バプテスト東京第一教会