六ヶ月前

new-mercies

2017年12月3日  第一アドベント 第一主日礼拝

ルカによる福音書1章5~25節

宣教者:富田愛世牧師

【ザカリヤとエリサベト】

イエスの誕生の前に、その道を整える者としてバプテスマのヨハネの誕生の次第が記されています。その父はユダヤの祭司でザカリヤといい、その母はエリサベツといいました。祭司は年に2回、くじによって神殿の聖所に入り、香をたき、民のために祈る務めが与えられていました。この日ザカリヤはくじに当たり、聖所に入る務めに就いていたのです。

【不幸にみえること】

ザカリヤには当時のユダヤ社会から見て不幸と思われることがありました。それは子どもがいないということでしたが、他人の評価であって、本人たちには大きな問題ではありませんでした。しかし、神はみ使いを用い、子どもが与えられると約束されたのです。

【約束された子】

み使いはヨハネという名の男の子が与えられ、その子はナジル人として聖別され、さらに救い主のために道を備える役割を持っていると告げたのです。老夫婦にとっては、信じられない約束でしたが、神の計画は人の思いを超えて進められていくのです。

【祈りの成就】

この約束は、老夫婦にとって何十年も前の祈りが叶えられたということでした。それも、忘れかけていた時に叶えられたのです。神のなさる業は、私たちに理解できないことばかりです。しかし、信じる者には、必ず答えてくださるのです。もし、神の約束を疑うならば、そこには心配や不安が起こります。しかし、周りの状況がどうであれ、信じるならば、安心と喜びが心にあふれてくるのです。神のみ声に耳を傾けるなら、素晴らしい約束を受けるのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 日本バプテスト東京第一教会