サイレントマジョリティー

new-mercies

2017年2月12日

マタイによる福音書12章22~32節

宣教者 富田愛世牧師

【聖霊の業か、悪霊の業か】

イエスは人々の肉体的な病、心の病、そして霊的な病をいやされ、悪霊をも追い出しました。しかし、いつの時代にも癒しや悪霊追い出しという働き(力)に関して非難する人々がいました。ファリサイ派の人たちはイエスを陥れるために、その働きが悪霊からのものだと非難しました。

【神の国の到来】

イエスはご自分の行なった働きがもし、悪霊によるものだとしたらいつかは滅びてしまうが、聖霊によるものなら、もう神の国がきていると語られました。イエスは病に苦しみ、悪霊に苦しんでいる人を見過ごすことはされません。完全な癒しを与え、なんの報酬も受け取られませんでした。「受けるより、与えるほうが幸い」という言葉を実践しておられたのです。

【声なき声】

さらに続けてイエスは「わたしに味方しない者はわたしに敵対し」と語ります。多くの人々はイエスの働きを認め、イエスに魅力を感じていたと思います。しかし、味方にはなりませんでした。「声なき声」というものは権力者によって、都合よく丸め込まれてしまうのかもしれません。

【“霊”に対する冒涜】

イエスやその働きを否定する罪は許されます。なぜなら、十字架の上で「父よ。彼らをお赦し下さい。」(ルカ23:34)と語り、赦して下さったからです。しかし、聖霊に対する罪は赦されません。聖霊とは今私たちに働きかけている神の力であり、イエスを「救い主」と告白させるのです。イエスに味方するということは、聖霊という力を認めること、そして、その力が私のうちに働き続けていると証しする事なのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会