キリストに生きる

new-mercies

2017年5月14日

ローマの信徒への手紙6章1~14節

宣教者:富田愛世牧師

【恵みと罪】

ローマの手紙の中でパウロは一貫して「人は神の恵みによって救われる」と語っています。5章20節では「罪が増したところに、恵みは満ちる」と語っています。恵みと罪の関係は、光と影に似ています。光が弱くなると影は薄くなり、光が強くなれば影も濃くなりますが、強い光を求めるために影を濃くする事はできません。恵みを得るため、罪を犯してもよいという事はあり得ないのです。

【バプテスマの意味】

神の恵みは「与えられる」もので、その究極的な形がバプテスマです。私たちが今、行なっているバプテスマの形はイエスの死と復活を表しています。水の中に沈む事によって、罪の身が死に、水の中から上がる事によって、新しい命、イエスの復活に与る命を表しているのです。バプテスマはイエスと共に生きるためのスタートラインなのです。

【罪に死に、キリストに生きる】

キリストと共に生きるという事は、何かの規則(律法)を守る事ではなく、「私を愛してくれる方」「私の価値を認めてくれる方」がおられる事を認め、その方(イエス・キリスト)に従って歩む事なのです。

【恵みの下】

私たちは、今、律法の下ではなく、恵みの下にいるのです。それはパウロが何度も語っているように、律法は直接、人を救いに導くのではなく、罪を自覚させるものなのです。罪を自覚し、悔い改めた者は善行や修行によるのではなく神の恵みによって救われ、信仰を告白し、バプテスマの恵みに与る事が出来るのです。バプテスマを受けた者は、キリストの体としてこの世に建てられている教会の交わりに加えられ、キリストを模範とした生活に入れられるのです。

 

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会