カイン誕生

new-mercies

2017年7月30日  主日礼拝

創世記3章20節~4章1節

宣教者:富田愛世牧師

【神との断絶】

神はその創造の業を一つずつ順番に終える度「良し」とされました。世界中のあらゆるものは神によって創造された完成品なのです。人間も成長し続ける存在ですが、その時々に応じて「良し」とされた存在なのです。しかし、人間を神との関係から遠ざけようとする誘惑者によって神との関係が断たれてしまいました。

【裏切り行為】

神は人間が裏切るはずがないと思っていたはずです。エデンの園では、どの木からでもとって食べて良かったのです。ただし、善悪の知識の木からは、決してとって食べてはならないと語りました。ご自身の愛をたっぷりと注いだ、愛するわが子同然の人間が自分との約束を破るはずがないと信頼しきっていたのです。しかし、人間は誘惑を受け、神の思いを裏切ってしまいました。

【神のあわれみ】

この裏切り行為によって人間はエデンの園を追い出されてしまいます。神との親しい交わりを続けることができなくなってしまったのです。しかし、神は裏切った人間を「もう知らない」と排除するのではなく、けじめはつけますが、なお哀れんで身の安全を保障し、苦労はするけれど、生きる方法を教えてくださるのです。

【いのちという贈り物】

生きることは、それだけで喜びとなりますが、神はアダムとエバに新しいいのちの誕生を約束してくださいました。自分以外の誰かがいることによって、生きる喜びが増すということをアダムはエバ(命)の存在によって知りました。ここではさらにエバに子どもが生まれることによって、二人から三人へと喜びが増えるという経験をするのです。カインの誕生によって、いのちの豊かさ、生きることの豊かさが広がっていくのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会