わたしの愛する子

new-mercies

2017年1月8日

マタイによる福音書3章13~17節

宣教者 富田愛世牧師

【最初にすべきこと】

イエスはその宣教活動の始めに、バプテスマのヨハネを訪ねバプテスマを受けようとしました。しかし、ヨハネはそれを思い止まらせようとして「わたしこそ、あなたからバプテスマを受けるべきなのに」と言いました。それに対してイエスは「正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです」と答えているのです。

【ヨハネのバプテスマ】

ヨハネのバプテスマは、悔い改めのバプテスマです。つまり、これからは神の示す道を歩みますという決意を表わすものなのです。神に導かれて働きを始めようとしているイエスには必要がありません。しかし、ヨハネのバプテスマの限界をイエスの宣教が引き継ぎ、完成させるためには意味のあることだったのです。

【愛する子】

バプテスマを受けたイエスに天から「わたしの愛する子」という呼びかけがありました。イエスは神に愛されている、神の子だと宣言されたのです。すべての人は神に愛されています。なのになぜ、ここでイエスに対して「わたしの愛する子」と語るのでしょうか。それは神と人間の間にある、埋めることの出来ない溝をイエスが埋め、この後、イエスを通して神の愛が人類に示されるということを意味しているのです。

【心に適う者】

天からの声はさらに続けて「心に適う者」と宣言します。神の意思は律法に書かれていると信じていました。しかし、その律法を宗教者たちは組織を守るために、その解釈を少しずつ変えてしまったのです。それに対して神は、これからはイエスの言動が神の意思に沿ったものになると宣言しているのです。イエスの働きとは、決め事に動かされるのではなく、愛によって動かされるのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会