おはよう!

new-mercies

2017年4月16日 イースター

マタイによる福音書28章1~10節

宣教者:富田愛世牧師

【土曜日から日曜日の朝】

イエスが十字架に架かった時、側にいたのは女性の弟子たちでした。後に12使徒と呼ばれる、中心的と思われていた男性の弟子たちは何をしていたのでしょうか。一人は直接イエスを裏切り自殺しました。他はそれぞれ逃げ隠れていたようです。そして、聖書の記録を見ると土曜日から日曜日の朝には一緒に集まっていたようです。

【女性の弟子たち】

そんな中、女性の弟子たちは墓に葬られたイエスが心配だったようです。それは十字架に架かった日は安息日の前で、葬りの時、時間が迫っていて何もできなかったからだと思われます。彼女たちはキチンとした葬りの準備をしたかったのかもしれません。いても立ってもいられず、墓に急いだのです。

【カラの墓】

墓に行って彼女たちが見たのは、天使の姿とカラの墓でした。そして、天使は「イエスはここにはいない。復活なさった。そして、ガリラヤにいるから、そこで会える」と語ったのです。これを聞いた女性の弟子たちは、恐れながらも喜び、他の弟子たちにこの出来事を知らせるため急いで帰りました。

【おはよう!】

帰りの道で彼女たちは復活のイエスに出会いました。イエスは彼女たちに「おはよう」と声をかけました。聖書の中では「シャローム」という挨拶がよく知られていますが、ここでは「喜べ」と訳すことの出来る「カイロ―」というギリシャ語が使われています。これも一般的な挨拶だということですが、イエスが自ら私たちに喜びを与えて下さっているのです。恐れの中にいた弟子たちは、イエスによって恐れから解放され、喜びに満たされていくのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2017 日本バプテスト東京第一教会