あなただけの神ではない

new-mercies

2018年8月5日   第一主日 主の晩餐礼拝

創世記21章9~21節

宣教者:富田愛世牧師

【神の約束】

創世記15章4~6節で神はアブラハムに子孫を与えると約束しました。その約束を信じることによってアブラハムは神から義と認められるのです。16章に入ると妻サラに子どもが与えられないので、サラは女奴隷ハガルに子を産ませるよう提案しました。アブラハムをそれを受け入れ、ハガルによってイシュマエルをもうけたのです。

【人の浅知恵】

ところが、17章に入りアブラハムが99歳の時、神は「サラによって子どもを与える」と語られました。信じられない事でしたが、その通りになりました。アブラハムは神の約束を100%信じることができず、自分にできる事をしました。しかし、それが浅知恵だったことを結果が語っているのです。

【アブラハムの苦悩】

アブラハムは自分の浅知恵によって招いた現実の中で苦悩しました。ハガルの子イシュマエルもサラの子イサクも愛する自分の子でした。そもそもハガルに子を産ませようとしたのはサラの計画だったにもかかわらず、自分に子が与えられるとその態度は一変したこともアブラハムを戸惑わせたかもしれません。アブラハムにはイシュマエルか、イサクか、どちらを跡継ぎにするかという選択に迫られたのです。

【みんなの神】

苦悩するアブラハムに対して神は「ハガルとイシュマエルの事は任せなさい」と語りました。翌朝、アブラハムはハガルにパンと水を与え子を連れて出ていくように命じました。二人はは当てもなく荒野をさまよい、やがて水がなくなり死を覚悟しました。その時、神はイシュマエルの泣き声を聞かれハガルに語りかけると、その目が開かれ、井戸に気付き、水を飲んで生き延びるのです。神はアブラハムを祝福し、イサクを後継者にしましたが、イシュマエルを見捨てたのではありません。イシュマエルもまた一つの国民の父とするのです。人の独占欲は神を小さくすることがあります。しかし、神は小さな枠に入れられるような方ではありません。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 日本バプテスト東京第一教会